気仙沼にて☆その2

「鹿折復幸マルシェ」鯉のぼり綺麗!
「鹿折復幸マルシェ」鯉のぼり綺麗!

さてさて、鶴ケ浦から車で10分くらいの復興商店街

「気仙沼 鹿折復幸マルシェ」到着

津波でお店を流された店主さん達が力を合わせて作った、

プレハブの商店街です。

https://www.facebook.com/ShishioriMarche

 

動きの遅い行政に任せていられないと、必死に商店主の方々が中心になって建て、コツコツお客様も増やしてきたのに、この辺りは地盤沈下がひどく、3メートルも埋め立てなければならないとか。。。

 

でも少なくとも後約1年は解体されない。その間何とかお店を続け、前を向こうとされてるポジティブな皆さんには、本当に心を動かされ、応援したくなります!!

 

自分に出来る事なんてアリンコ位の事だけど、せめて観光客の方にここを印象付け、少しでも気持よくお金を落としていっていただきたい。

 

 

3回めの訪問で、顔見知りの方々も増え、懐かしく笑顔の再会♪

\(^o^)/

さ、大急ぎで似顔絵コーナーの準備だ!

マルシェ事務局の方がポスターを作って、あちこちに貼って下さいました。

 

お一人様¥1000で似顔絵をお描きして、お支払いいただいた全額をマルシェにカンパ。マルシェの方々は基本的に無料(お店の方の笑顔は私にとって何にも代えがたいプレゼントだから)。

 

 

ところが、3日間の初日は鶴ケ浦で一仕事終えた後で出だしが遅かったのかサッパリ(^_^;)

 

しかし、その後は雨が降ったり寒かったりしたのにお客様途切れず大盛況!あ〜良かった良かった(^^)

 

自分で勝手に志願して、誰も来なかったら馬鹿みたいだものねぇ・・ホホホ。あぁ初めから自己満足を自覚しつつもハラハラでした。

 

 

 

↑マルシェには色んな方々が訪れます。

こちらは東京から、GWは東北をあちこち旅してお金を落とそうと観光にいらしたご夫婦。

 

 

↑こちらは鶴ケ浦のイベントでもお手伝いボランティアをして下さった、素敵な若いお母さん。大阪からご主人様の転勤で気仙沼に住むことになり、育児が大変な時期なのにボランティアまでやろうなんて何て素晴らしい人が居るのでしょう・・・こういう人に出会うと日本人が好きになります♪

 

 

↑こちらも初めてお会いしました、村山岳さん、プロの声楽家です。

 

気仙沼が震災前から大好きで、何か復興のお手伝いができないかと考え、周りのいろいろな人から買い物のオーダーを募集したら約50名の申し出があり、なんとこのGWで30万円もの買い物をして気仙沼の経済を回すお手伝いをされたそうな。

 

なんて自然でハッピーな応援の仕方でしょう☆

 

自分も楽しみながら長く続ける方法、こうやって知恵を絞っている人が居ると思うと、またまた日本人が好きになりますっ(:_;)感動だ!

 

熱いハートの声楽家、村山岳さんのHPこちら

http://bella-voce05.blogzine.jp/

 

ご自身のブログで「復幸マルシェ」の事も書かれてます。

http://bella-voce05.blogzine.jp/artist/2013/05/post_bfc3.html

 

↑村山さんのブログにも出てる「小野寺商店」のキラキラ笑顔の小野寺さんは、こんな風にしてみました。

 

小野寺商店↓

http://www.k-yamachou.com/

 

著作権フリーです☆ お好きにご活用頂けたら私も幸せです!

 

 

 

 

「その3」に続く・・・