気仙沼にて☆その1

2013,4月29日鶴ケ浦のとあるご自宅のお庭にて
2013,4月29日鶴ケ浦のとあるご自宅のお庭にて

 

 

遅くなりました(^^ゞ

GW前半の気仙沼ツアーのご報告です!!

 

以前「お茶っこ芸人プロジェクト」のYONEさん

(Twitter→@yonenamba)

のご紹介で、初めて足を踏み入れた気仙沼。

今回は3回目の訪問でした。

 

「鶴ケ浦の地元の皆さんが集まるお花見の余興に来てくれませんか?」

と自治会長さんからお電話を頂き(うれしいっ♪)

強行スケジュールで行って参りました!

 

前日の夜19時半、新潟県村上市を出て、サービスエリアで顔を洗い(笑)、あちこちの駐車場で仮眠を取り、朝7時からOPENしてる気仙沼イーオンのカフェコーナーで時間調整して、いざ現場へ

(私は車中寝てました、すみませんm(__)m)

 

上の写真の桜の下がお花見会場なのだ

↑素敵でしょう〜♪

 

前回に公民館でお描きした人、ショーを見て下さった人、何人も混じっていて

「久し振りですね〜!お元気?」と。

嬉しいものですね(^^)

 

ボランティアの皆さんと、地元の方々が、桜の木の下にブルーシートを敷いて、皆さんでお弁当をいただくのです。奥ではバーベキューの準備中。

↑控え室としてお貸しいただいた、丘の上にあるお宅の窓からの景色です。

 

向こうに見えるのは大島。

震災の様子など、全く想像できないような 穏やかで美しい海。

お庭には春の花々が咲き乱れていました。

 

こちらのご主人が35年前に浅草で買ってきた小さな桜の苗木が、お庭であんなに大きくなったそうです。

「なかなか東京の人さ こんなとこまで来ねから珍しい」

と、ずっと似顔絵ショーの準備中もお話を聞かせて下さいました。

 

 

↑いつもながらの定番「似顔絵ショー」は、ちょいと強烈なのでテンション抑えつつ・・・とはいえ、地元の素敵なお兄さんにこんな事を。さっきまで皆さんに「気仙沼ホルモン」を焼いてくださっていた方です・・・許して〜〜(^_^;)

ショーの後は、お開きまでご希望の皆さんの似顔絵をお描きしながらお喋り。桜の花びらと気仙沼の方言が飛び交う、穏やかなひと時でした。

 

 

ちょっとだけ顔を出す程度で、何も分かっていない私ですが、横浜から遠く離れた場所にこんなに素敵な場所があって、そこで同じように白いご飯を食べて沢山の人が暮らしています。

過去に何があろうが春には桜が咲いて、今日の海は美しい。

 

どうぞ皆さんが心温かい日々を過ごされますように☆

 

 

 

お声をお掛けいただいてとっても感謝しています。また来ます!!

日本国際ボランティアセンターの方々、お世話になりました。

 

 

さ、急いで復興商店街

「鹿折復幸マルシェ」に移動だ! 

 

 

「その2」につづく・・・・